茶禅茶道のお稽古 阿里山烏龍茶


いつも茶禅草堂のブログにお越し頂きありがとうございます。 認定講師の福岡です。






お稽古に伺った日は

曇りの合間に時々日差しも見えるようなお天気でした。


その日の気候に合わせて

岩咲先生がお茶を選んでくださることもあり


お茶というのは自然のもので

私たちも自然の一部なのだということを

お稽古を通して意識するようになりました。







「阿里山烏龍茶」


2020年の春茶なので

一年経過するとどんな変化があるのでしょう。


新茶のようなフレッシュ感は薄くなっていますが

その分落ち着きと静かな余韻が広がる味わいになっていました。


まるで

今日のお天気のようなおだやかさ。






一年前はどんな味だったのだろうと思いノートをめくると

「立ち上る・余韻」

といった感想が書いてありました。


茶葉のベースとなる味わいがありながら

年月の変化を味わうというのは

中国茶ならではの愉しみなのではないかと思う学びでした。

ありがとうございました

-------------------------------------------------


【認定講師による初級講座】

講座詳細とお申込みはこちら ===>申し訳ありません、現在満席になっております。

 キャンセル待ちご希望の方は、「初級講座キャンセル待ち希望」と明記の上

chazen@cha-zen.com までお願いいたします。


また、岩咲ナオコ先生によるオンライン初級講座も

4月末頃ご案内が出来そうですので、その際はまたお知らせいたします。

詳細はこちら

最新記事

すべて表示