top of page

茶禅茶道のお稽古 鶏籠刊

いつも茶禅草堂のブログにお越しくださりありがとうございます。

茶禅草堂認定講師の福岡です。

新年初のお稽古へ行ってまいりました。

岩咲先生に新年のご挨拶をすると

「今年もお茶を通して成長していけるように」

という自分なりの抱負が浮かびました。

大人になっても愉しみを持ち

学び成長できることは

とてもありがたく幸せなことだと思っています。






この日は「鶏籠刊」という

単ソウを淹れました。

広東省で採れる烏龍茶で

「鳳凰単ソウ蜜蘭香」

などが有名ですが

鶏籠刊は初めて聞く名前。









茶樹が鶏を囲う籠のような形をしている

ところから名づけられたようです。

面白いですよね!







新年に初めて出合うお茶とは

なんともワクワクしてしまいます。

茶葉から香り立つ柑橘系の香りとは一変

一口含むと花のような香りとコクが広がりながら

後味はすっきりしています。

単ソウは華やかさがあり

贅沢な気分が味わえるので

新年にいただけて

とても幸せに思います。





そしてなんと

岩咲先生お手製の甘酒のお汁粉をいただき

幸せ度数倍増です!

(美味しくて感激^^)





さらに落ち着かない状況が続きますが

笑顔でお茶を楽しめることは本当にありがたいことです。

今年も心を落ち着けて

お茶の学びを深めていきたいと思います。

最新記事

すべて表示

認定教室初級講座⑤ 『中国茶を淹れてみよう』

いつも茶禅草堂のブログにご訪問いただきありがとうございます。 認定講師の福岡です。 4月から開講した初級講座もいよいよ最終回。 中国茶の産地や種類、身体に合わせた選び方など 様々な角度から中国茶の愉しみ方をお伝えしましたが やっぱり一番気になるのはお茶の淹れ方だと思います。 台湾旅行で買ってきた お土産でいただいた でも、お茶の淹れ方が分からなくて… というお声も聞きます。 「茶器に茶葉とお湯を入

Comments


bottom of page