読みかけのお茶の本

いつも茶禅草堂のブログにご訪問いただきありがとうございます。


認定講師の福岡です。







衣替えとともに家の中の片付けもしたくなり

増えてきた本の整理をしました。


中国茶を学び始め

お茶に関する本も読むようになり

世界が広がったように思います。



お茶の歴史を知るためには

中国の歴史も必然になってくるのですが

歴史が苦手な私は全くついていけず(汗)

唯一興味を持った「三国志」を読むことに。


小説的なものは眠くなってしまうので

図書館で見つけたマンガにのめり込み

60巻制覇することができました。


そして薬膳を学んだときは

古代の書物にお茶のことが書かれていたり

効能などの記述が残されていることに大変驚きました。





陸羽「茶経」

栄西「喫茶養生記」など


読みかけの本がまだまだあるのです…(反省)


ポイントの箇所だけ目を通し

全文はまだ読み終わっていないので

お茶を飲みつつ読書時間を持ちたいと思います。


(これらの本は処分できませんので…)



-------------------------------------------------


【認定講師による初級講座】

講座詳細とお申込みはこちら ===>申し訳ありません、現在満席になっております。

 

岩咲ナオコ先生によるオンライン初級講座は

4月末頃ご案内が出来そうですので、その際はまたお知らせいたします。

詳細はこちら