【道というもの】

最終更新: 1月31日

いつも有難うございます

茶禅草堂

岩咲ナオコです。

茶禅草堂のお教室には

中国茶道を学ぶ【茶禅茶道】

があります。





茶の道を

目指す人のための道場です。


コロナ渦においても

茶の道の歩みを止めず

迷うことなく

ブレることなく

淡々と道を探求してきた門下生が

本当に美しく

自分の世界を表現できるようになってきました。



初心の頃

人は新しい学びにはワクワクするものです。

そのワクワク感はしばらくすると

平坦な学びになってくる時期が訪れます。


学びに刺激がなくなったり、

目標を見失ったかのように感じます。

しかし

この時期に歩みを止めないことが

最も大きな成長につながると

多くの人は理解していません。


成長をしていないかのように見えるこの時期こそ

あなたの本質を成長させる時なのですが

大抵の人は このような時期

こうした環境に煩悩を持つようになります。

ちゃんと成長できてるのだろうか?

もう、十分学べたのでははないか?

外の環境に振り回されたり

周りの環境が気になって

学びを疎かにしたり

自分の本来の学びから

ズレてしまったりします



コロナ渦でお稽古に来ることが難しい

感染を心配している。


こんな事も

学びを止める理由を

自分で作ってしまっています。

しかし、学びを止めない人は

この時こそしっかりとお茶と

向き合える良い機会だと考えます。

この世の学びと成長は

人から認められる事ではありません。

本当の学びは

自分で自分の成長を見届けることです。

つまり

誰がどう評価しようが関係がないのです。



本当の茶人になる道のりは

時には

『孤独』を伴います。

しかし

孤独を味わいきった時

あなたが本当に求めていた本質に触れる

瞬間があります。

その時の感覚は、

本当の意味での満たされ

心から満ち足りた幸福感を感じます。

それは

瞑想している時に

宇宙をみたような感覚

愛と光に包まれた感覚

無になった感覚

『恍惚感』



ほんの一瞬でも

その感覚を味わった時

その姿を側(はた)からみた時

圧倒的にその門下生が

唯一無二の世界の中にいることを

肌身で感じます。

門下生の最も美しい本質が引き出された時

指導者としても

歓喜を覚えるのです。

あなたが学びをやめない限り

道は続きます。



それが


【道】


というものだと思うのです。




最新記事

すべて表示