2012年の白牡丹 -静思牡丹-

最終更新: 6月13日

茶禅草堂のブログにご訪問いただきありがとうございます。

認定講師の服部と申します。


茶禅草堂が瀬戸内海を望む茶室へ移転して以来、岩咲先生よりその美しい自然の写真がメルマガなどで投稿されるのが、私たちにとっても楽しみな事となりました。


その美しい茶室でのお稽古を夢見ながら、門下生の私達も日々お茶を淹れています。


今日は、私が茶禅草堂へ入門して1年目にお譲りいただいた、2012年の白牡丹を淹れてみました。

風通しの良いところに茶席を設えました。海の風は、どんなでしょう、、と想いながらゆっくりとお茶を淹れました。



9年経て、青い茶葉は落ち着いた色へと熟成し、それでも白毫は銀色に美しさを保っています。香りは、淡いドライフルーツの香り。



ゆっくりと、碗泡法で淹れました。





淡いセピア色の茶水です。ほんのりと、桃を思わせる余韻のお茶へと育っていました。


白茶の白牡丹、別名:静思牡丹 というこのお茶は、白牡丹の中でも最も早い時期に摘まれたものだそうです。


このお茶が育った9年間、どんな事があったかしら、と思いを馳せながら静かにお茶をいただくのも、また良いものです。


どうもありがとうございました。


----------------------------------------------------------------------------



【認定講師による初級講座 夏期クラスを開講いたします】



初回 7月25日(日) 


場所 薬師寺東京別院



講座詳細とお申込みはこちら



皆様のお申し込みをお待ち申し上げております。




最新記事

すべて表示