ガラス作家 今井美智氏へインタビュー | 茶器に宿る温もりに包まれた美しき自然。作品に込められた想いとは。



茶禅草堂の小林涼子です。自然を愛するガラス作家、今井美智氏と岩咲ナオコの対談を記事にいたしました。



今井 美智 |ガラス作家

京都出身。骨董市で古いガラスに出逢い、ガラス作家の道を目指し東京ガラス工芸研究所へ入る。2001年より金沢にて制作活動をはじめる。2009年に台湾でお茶に出逢い、衝撃を受け、その後、台湾茶器の制作に没頭。2017年、上海茶の路で展示会をしたことをきっかけに、北京、西安、武夷山、成都、大連、杭州など、中国全土で展示会を開催。

今井氏のInstagram→


岩咲 ナオコ | 茶禅草堂 (ちゃぜん) 中国茶教室&サロン 主催

茶人。1993年~1994年台湾在住中、台湾茶中国茶のおりなす世界に魅力を感じ、活動をはじめる。国内のみならず、中国・台湾でお茶をふるまい、独自の世界観を展開。茶人としてあるべき姿を求め、当初より茶の道のテーマとしてきた「人」「自然」「空間」の調和的世界を体現すべく、2021年より東京から瀬戸内海をのぞむ自然環境の豊かな地に拠点を移し、茶人生活を再スタートさせる。

詳細のプロフィールページ→




−− 今井さんとはずいぶん長いお付き合いになりますね。(岩咲)


 私は2012年に3ヶ月間台湾に語学留学をしていて、2013年くらいから茶器をつくり始めました。ちょうどその頃岩咲さんが台北のギャラリーで私の作品を見てくださって、その時からですね。(今井さん)


(8年来のご縁が今も続く今井さん(左)と岩咲(右))



−− もう8年近く経つんですね。あの時は台北の松山空港から帰国のフライト待ちで、「3CO」というギャラリーに立ち寄ったんですよ。そこで茶則を見つけて、目が釘付けになってしまって。今井さんのお名前を店員さんに教えてもらって、日本に帰って早々、1ヶ月後には連絡を取りました。

 そんな偶然だったとは、初めて聞きました。すごいご縁だったのですね…。

(台北のギャラリーで出会い、惚れ込んだ今井さんの茶則)

−− そうですね。こんな柔らかい作品をつくる人ってどんな人なんだろうと、作品から惚れ込んで、どんな人柄の方だろうと思いを馳せたのはほとんど初めての経験でした。お電話をした時、今井さんの柔らかい話し方に安心したのを覚えています。今井さんの茶器を紹介しながらお茶会の開催などもしましたが、今では日本だけでなく、台湾や中国大陸全土にご活躍の場が広がってますね。


 岩咲さんとの出会いがきっかけなので、すごく感謝しています。本当にそこから始まった感じですね。


(今井さんの作品とコラボ茶会@横浜陶明舎)


−− 日本、台湾、中国大陸と広く活動されている今井さんですが、そもそも茶器はどんなきっかけでつくるようになったのですか?

 2009年に台湾の茶房に嫁いだ友達のところに遊びに行き、そこで台湾茶にすっかり魅了されてしまって。茶園にいるときの自然と一緒になる感覚。同じ香り、味わいには二度と出会えない、唯一無二のお茶。お茶に出会って私の人生はとても豊かなものになりました。それで、お茶の勉強がしたくなってガラス製作の仕事も休憩して台湾に語学留学をしました。留学中、友達とたくさん茶房やギャラリー巡りをしたのですが、その先々で、ガラスの茶器をつくってと言われたんです。当時はガラスで茶器作品をつくっている人は少なかったし、あっても工業製品ばかりで。じゃあ私もお茶好きだしつくってみるか、というのがきっかけでした。


−− なるほど。それなら台湾茶もよく飲まれていると思いますが、お好みの台湾茶や中国茶はありますか。

 季節で飲みたいものが変わりますね。夏はやっぱり白茶です。あとは、先日台湾から茶葉をいろいろ送ってもらったので、文山包種茶(台湾の軽発酵烏龍茶。詳細はこちら→。)などを飲んでます。冬は岩茶とか飲みたくなりますね。

 日々、お茶を飲んで心と体を整えています。朝目覚めて、今日は何のお茶を飲もうかなと考えるのは幸せな時間ですね。展示会で様々な場所を訪れますが、初めてのお茶に出会い、茶園に行って、体を緑の空気でいっぱいにして次はどんなものをつくろうかと思いを馳せます。お茶とガラス製作の間を行き来することで、私の中にエネルギーが生まれるんです。


−− 素晴らしい楽しみ方ですね。今井さんのガラス茶器ですが、どんな技法で作っているのですか。

 吹きガラスの技法と、たまに電気炉で石膏の型を使った技法で製作しています。この2つは対照的な技法で、吹きガラスは身体を使って瞬間的に形づくる、集中力がいる仕事です。電気炉の方は粘土で原型を取るのでやり直しも効き、時間をかけて製作できます。異なる技法を交互に取り組むことで、うまくバランスを取りながら製作していますね。


(今井さんのガラス製作作業風景)



−− ガラスにもいろいろな技法がありますね。今井さんの作品は吹きガラスのものが多い印象ですが、吹きガラスの技法で茶則や茶通、茶海をつくるというのは、本当に神業に感じます。


(吹きガラス技法でつくられた、今井さんの美しい茶通)

 

 吹きガラスはとても柔らかいガラスを使います。その柔らかい状態をできるだけ遠心力と重力を使って、あまり人の手を加えずにそのまま表現したいと思っていて。自然のままに仕上げたいんです。


−− あまり自分の色を作品に入れすぎない、というのが今井さんのこだわりなんですね。

 ガラスが「透明である」ということの力をすごく感じます。ガラス越しにゆらゆら湾曲して見える景色や透き通った影がすごく美しく見えたりとか本当にちょっとしたことなんですけど、ほっとしたり、キレイだなと思ったりする瞬間が少しでも日々の生活に取り込めたらいいなと思って。そういうことを身近に感じられるような作品をつくりたいなと思っています。なるべく自然のままに。足し算はしたくないですね。


−− ガラスというと涼やかで夏のイメージが一般的ですが、今井さんの作品は温もりがあって、私は冬の茶席にも使わせてもらっています。冬景色の演出にもよく調和しますね。夏の印象だけではないところが魅力だなと感じています。

 ありがとうございます。私は技術が拙いのでとにかくひとつひとつ、一所懸命につくっています(笑)。自然のものからヒントをもらうことも多いですね。工房周辺の自然、例えば冬景色や木漏れ日などの風景、特に電気炉の型の技法でつくる時に、そういう風景の印象と結びつけてつくったりしています。


−− 自然からの発想を作品に取り入れているわけですね。では、今井さんの作品をいくつかご紹介したいと思います。まずは茶則。今井さんとのご縁のきっかけにもなった作品で評判も高いですが、これはどのようにつくっているんですか?

 これは吹きガラスですね。吹いて膨らませて半分に割って、そこからひたすら削ります。磨りガラスの部分は、サンドブラストという砂を吹きかける機械を使ってつくっています。

(磨りガラス仕様の今井さんの茶則)


−− こういう型になっているのを真ん中で縦にパァンと割るんですね。

(茶則製作 半分に割る前の膨らませたガラスのイメージ)

 

 そうです。これ、割っただけでしょと言われることもあるんですけど、すごく手間がかかってるんですよ。面の縁取りや、とにかく削るのにすごく時間がかかります。


−− それは大変ですね。でも最近の作品はさらに薄くなり、より茶葉が流れやすくなりましたよね。また、作品の曲線が緩やかに流れていたりまっすぐだったり工夫されていて、茶則だけでとても美しいなと思います。

 この作品は花びらをイメージしました。ゆらゆらとした雰囲気がキレイだなとつくりながら思っています。

今井美智氏のガラス茶器はこちら→



−− もうひとつ、人気の作品がこちらの茶海(片口)。私もずっと愛用させてもらっていますけど、中国大陸で大人気ですよね。

(切れがよく、水の流れが美しい今井さんの茶海)

 

 中国大陸からはすごくたくさんの注文をいただいています。2,000個は遥かに超える数をつくりましたけど、あちらは人口も多いですからね。今では定番商品になっています。


−− この茶海のいいところは水切りの良さですね。シンプルでキュッとした曲がり具合のおかげか、本当に使いやすいです。

 私自身も水切りの良さは感じますね。この茶海の口の部分は、普通は道具を使って引っ張るんですけど、私は最初その方法の発想がなくて、ひっかけてギュンと落とす感じで形づくっています。つくり方をみていた友達が驚いていましたね(笑)。今は引っ張ってつくっている茶海もあります。