ダイヤモンドクリスタルのような洗練感【東方美人】

更新日:6月21日

こんにちは 茶禅草堂の岩咲ナオコです。

いつも茶禅草堂のブログにお越しくださいまして

ありがとうございます。

今日は久しぶりに私が感動したお茶をお話させていただきますね。


台湾茶「東方美人」

=

台湾茶の世界に足を踏み入れたことの

ある人ならば、この美しい響きの名前を

お茶を知らない人はいないでしょう。

「オリエンタル ビューティ」

「白毫烏龍茶」

「五色茶」

など異名もさまざまです。


「ビクトリア女王が愛したお茶」説も

出来上がってしまうほどです。

本当のストーリーに関しては明らかにされていませんが

それだけに魅惑的なお茶と言えます。

私の知る限りでは、ここ15年の間で東方美人の品質は格段に良くなり

フルーティで蜜のような香りは多くの人々に高い評価を得て

高級台湾烏龍茶の位置を占めるまでになりました。


茶禅草堂でも台湾茶の講座では必ずご紹介するお茶の一つですので

お茶が出来上がる頃になると台湾から連絡が入るので日本まで届けてもらっています。


茶禅草堂がご案内している「東方美人」は

一般的にご案内されている「東方美人」とは少し違います。

一般的な「東方美人」は苗栗や新竹あたりで生産されており

「青心大パン」という 品種を使われることが多いのですが

茶禅草堂がご案内する東方美人は文山地区で生産されています。

品種は「大慢種」