八宝茶作ってみました


八宝茶は、身体に良いドライフルーツや、花茶、茶葉、そして氷砂糖などがたくさん入っているお茶です。

中国では、「八」という数字はとても縁起の良い数字だそうです。それで、良いものがたくさん入ったお茶、ということで「八宝茶」という名前がついた、と聞いたことがあります。なので8種類のものに拘る必要はないそうです。

今回使ったものは、「棗、菊花、レーズン、ハマナス(メイクイ)、枸杞、蓮の実、白キクラゲ、白砂糖、紅茶」です。



材料が決まれば、淹れ方は簡単です。一人分を、このように蓋椀に淹れてお湯を注ぐだけです。



お湯を注ぐと、お花が開き、白キクラゲもゆらゆらと揺れて、とても華やかになります。お湯が少なくなると差し湯をして、ずっと楽しむことができます。時間が経つごとに、氷砂糖がゆっくりと溶けて、甘さを楽しむのも私の好みです。


私が八宝茶を作る時、味が美味しい事を一番に目指しますが、そのほかに、見た目が綺麗になるように、とか、薬膳のように、効能を重視してブレンドしてみる、などと、レシピは限りなくできそうです。


皆様でしたら、どんな八宝茶を作ってみたいですか? そんなお話もぜひお聞かせいただけたら嬉しいです。


茶話会のご案内を書いたブログはこちら


   =茶話会のご案内=


【日時】 12月4日(土)13:00~14:30


【場所】 薬師寺東京別院 3F 


     東京都品川区東五反田5-15-17


【会費】 2,000円  


     当日受付にてお支払いください。


【お申し込み】 


     「茶話会」とタイトルをつけて頂き


       ①お名前


       ②メールアドレス


       ③電話番号


を明記の上 chazen@cha-zen.com  宛メールにてお申込みください。



どうもありがとうございました。


--------------------------------------------------------

お知らせ



  現在お申し込みいただける講座は下記のとおりです。