祈りと音とお茶と…

更新日:2021年10月29日


こんにちは

いつも茶禅草堂のブログを

お読みくださいましてありがとうございます。

茶禅草堂の岩咲ナオコです。

先日 長野にてお茶をふるまいに行ってまいりました。  

長野でのお茶会は、7月の軽井沢のお茶会に続いて2回目です。




山と水の豊かなところ、長野。

この度は信州新町へ伺いました。

信州新町は犀川を上った静かな佇まいの集落でした。

古民家を再生するプロジェクトの一貫として

音楽アーティスト

アーティストKOHKI氏が主催してのお茶会でした。







KOHKI氏の先代は、約100年前、

この村に交響楽団を結成しています。

文化人とも交流があり

この古民家に著名な文化人も多く訪れたそうです。










【ひいおじいさまが残された蓄音機】

【旅の宿泊の御礼に絵師が描いてくれたという襖絵】

先代のDNAを受け継いだKOHKI氏は

あらゆる楽器を操ってしまうほどの

天才的音楽の才能をお持ちです。






【どの部屋にも音楽空間を設えているKOHKI氏が手掛けた温故知新的空間】

【蔵の中もスタジオにしてしまっています】

依頼されたアーティストからのレコーディングでは

1人で様々な楽器を使いこなしながら編曲し完成させます。

オーケストラほどの楽曲もそれぞれのパーツの

旋律を1人で作曲するなど

ちょっと素人には想像がつかない才能です。

ジャンルはロックから雅楽まで。


そんな、多彩な能をもつ KOHKI氏が 

人口3000人ほどの村を活動の拠点としているのです。

それは、先代かこの地に残した音楽文化を

これからも受け継いでいきたいから。

訪れた古民家には、

100年前の蓄音機やレコード

そして、暮らしに使われていたものが

今も丁寧につかわれていました。











これまで茶禅草堂では

音楽とお茶のコラボレーションさせたお茶会を

何度か開催しています。

お茶会の主旨やテーマに合わせて

各分野のアーティストにお願いし

お茶の世界を音で表現してもらってきました。


この度のお茶会は

私がアーティストKOHKI氏の思いに寄り添うような形となりました。

先代から受け継いだKOHKI氏の音の世界

これからも私たちに豊かな時間を届けてほしい、、、

そんな祈りもこめて

過去から現在に、そして未来に繋がるように

そんな思いをこめてお茶を選びました。




そして

お茶会の演奏にKOHKI氏が選んだ楽器は

「リュートギター」




中世からルネサンス期、そしてバロック時代に

使用されていた古楽器です。

現在のギターの原点とも言えます。

琵琶にも形が似ているところもありますから

東西交易の中で繋がっているかもしれません。

お茶会のはじまりとともに

氏が静かに奏ではじめました。

その音は

鳥が囀るように

風がそよぐように

川がサラサラと流れるように、、、

やわらかな音色に

気づけば

音がお茶に