top of page

【「洛神茶」という養生茶】

更新日:2022年10月28日



こんにちは


いつもブログにご訪問くださいまして


ありがとうございます。


岩咲ナオコです。


霜降に入り


秋の深さを日増しに感じますね。


あと少しで冬。


今年もあっという間に


月日が過ぎていくようです。





「お茶と薬膳のある暮らし方」講座では


薬膳のことだけではなく


二十四節気とともに調える暮らし方を


ご提案させていただいています。


私たちの体は自然の一部である


自然によりそう暮らし方は


「自らを調える」


ことに繋がるからです。


「人」は自然の一部


「食」は自然からの恵み


「お茶」は滋養となる上薬


少しでも「調える」暮らしに


お役に立つことができたら幸いです。






庭に植えていた「洛神花」が


実をつけはじめました。


「洛神花(らくせんか)」

※ローゼル

なかなか馴染みのない名前ですが


台灣では夏になると「夏の養生茶」として


台湾人の暮らしの中で頻繁に登場します。


洛神花は夏が過ぎた頃から


ハイビスカスのような可愛いお花を


咲かせます。


まるで朝顔のように


花が咲いたと思ったら1日で萎んでしまうので


残念ながら写真に収めることが


できなかったのですが


写真は花が終わった「萼(ガク)」


の部分にあたります。


実は、この萼の部分が


養生茶として使えるのです。


酸味が強いのですが


ビタミンCがたっぷりあるために


夏バテによいものです。



私は夏の養生茶に常備しているもので


欠かしたことがなかったのですが


ストックしていた「洛神花」が


底をつきはじめていた頃


「洛神花」がここ周防大島でも


育てられていることを知りました。



洛神花の萼をドライにして


出来上がったのが


こちらの「洛神花茶」。


甘酸っぱくてとても美味しい。



五臓では心肺胃大腸に効き


血のめぐりや利尿効果もありますので


体がだる重い感じがする方や

生理痛に悩まされている方


疲れで目にクマができてしまっていたり

慢性的な肩こりの方にも良いと思います。


涼性ですが温かくして飲むことで


陽のエネルギーが加わり巡りが感じられ


この時期も抵抗なくいただけました。


少し疲れが溜まっている時に飲むと


びっくりするほど元気が回復します。




島でとれた完全無農薬の洛神花茶


近くの葡萄農園を営んでいる


「未来ガーデンファーム」様に


ご協力をいただきながら


「洛神花茶」として


ご案内していこうと思っているところです。



日本ではまだまだ


馴染みのないものですが


「お茶と薬膳のある暮らし方」を

はじめている方から


ご興味をもっていたただけたら


嬉しく思います。


ご案内ができる頃になりましたら


メールマガジンや


茶禅草堂のオンラインショップで


ご紹介していこうと思っています。


楽しみにお待ちくださいませ



==========




【茶禅草堂よりご案内】


【お茶会】


『茶與禅 清寧茶会〜慈今回帰〜』





日時


11月3日(祝)13:30〜15:30



参加可能人数

20名様限定



内容


<清> 禅座 座禅瞑想


<寧> 茶座  茶事



 <養> 粥座   食会 



『慈今回帰』



今を慈しみ 自分に還る時間


日常から離れた禅空間と茶一服


安寧の時間(ひととき)をお過ごしください





ーーーーーーーー



【講座のご案内】



2022年の募集は終了しました。


対面教室・オンライン教室ともに


来春の募集をお待ちください



【茶禅草堂認定教室 @東京】




次期講座ご案内までお待ちくださいませ



【岩咲ナオコによるオンライン教室】


次期講座ご案内までお待ちくださいませ。


講座の詳細ご案内はこちらからご覧いただけます↓





お茶と薬膳のある暮らし方教室






【茶禅草堂のメールマガジンのご案内】



岩咲ナオコがお茶の情報などをお届けしております。



また、メールマガジン購読者には



講座やお茶のご紹介を優先的にご案内しております。



ご登録はこちらより



================








最新記事

すべて表示

認定教室初級講座⑤ 『中国茶を淹れてみよう』

いつも茶禅草堂のブログにご訪問いただきありがとうございます。 認定講師の福岡です。 4月から開講した初級講座もいよいよ最終回。 中国茶の産地や種類、身体に合わせた選び方など 様々な角度から中国茶の愉しみ方をお伝えしましたが やっぱり一番気になるのはお茶の淹れ方だと思います。 台湾旅行で買ってきた お土産でいただいた でも、お茶の淹れ方が分からなくて… というお声も聞きます。 「茶器に茶葉とお湯を入

Comments


bottom of page