top of page

茶與禅 清寧茶會 のご案内

更新日:2022年10月29日






『慈今回帰』


今を慈しみ 自分に還る


めまぐるしく変化する時の流れの中で


そのエネルギーに翻弄されそうになった時


あえてその時間をとめてみる。


五感を研ぎ澄ませ


身体の声を聴く


感じるものに丁寧に触れてみる


漢陽寺様のご協力のもと


茶と禅の会を開かせていただく運びと


なりました。





今を慈しむことは


本来の自分に還ること。


変化を受け入れ


『ここに在る』ことを識(し)る。


日常から離れた禅空間と茶一服が


安寧の時間(ひととき)となれば幸いです。






【日時】

11月3日(祝) 13:30-15:30


受付 13時より


お茶会前後は自由に境内を参観できます。

故重盛三玲氏の枯山水庭園と

美しく染まりつつある紅葉の景色を

ゆっくりとお楽しみください。




【場所】

鹿宛山 漢陽寺

山口県周南市鹿野上2872








【内容】

《清》

 禅座  

於 法堂


献茶礼/座禅瞑想

仏心は自分の心中にあります。

杉村住職のご指導のもと、

座禅を体験していただきます。

観世音菩薩様に見守られながら、

心静かに自分と対話する時間をお過ごしください


お茶:径山茶




《寧》

 茶坐 

於 聴雨亭


茶時(ちゃじ)

秋が深まっていく中、

豊かな香りを放つ台湾茶/中国茶を

お召し上がりいただきます。

境内を淀みなく流れる水の音と

紅葉の深まりを感じながら

心穏やかに満たされていく時間を

お過ごしください


お茶:阿里山烏龍茶

    90年代 普洱茶


《養》

 粥座 

於 聴流殿


食会(じきえ)


お粥は最古の薬膳です。

医食同源が根底にある中国より

紀元前1世紀には

日本に伝わっていたと

いわれています。

鹿野茶を使った漢陽寺特製の茶粥を お召し上がりいただきます。

天地生命を宿す滋養食で明日の力に

変えていただけたらと思います。


お茶:鹿野茶

    



※お着物など着用は不用です。

心が開かれていくお時間を

ご案内させていただきますため、

身体を締めつきすぎない、

リラックスしたお召し物で

いらしてください。




※繊細な香りのお茶を

お召し上がりいただくため

香水や匂いの強いものはお控えください。






【案内人】


禅導師

鹿苑山漢陽寺住職 杉村宗一 


茶人

茶禅草堂 岩咲ナオコ



【参加人数】

20名様限定


【席料】

8,000円

境内拝観、禅座、茶座、粥座、法話、お土産(お茶)を含みます



【お申し込み】

茶禅草堂

または

090-8050-7003


お申し込み時に以下の情報をお知らせください。

ご予約とともにお手続き方法をご案内します。


・参加者のお名前

・連絡先(電話番号)


お手続き完了で、お席の確保となります。



昨年のお茶会の様子はこちら→




留言


bottom of page