中国茶とお菓子のペアリング

更新日:8月23日

茶禅草堂のブログにご訪問いただきありがとうございます。認定講師の服部です。


先日、茶禅草堂の講師ミーティング時に会話の中で登場した「台湾カステラ」。一度だけ、友人に作っていただいたものをいただいた事があるのですが、巷では以前から大ブームになっていた事を、お恥ずかしながら知りませんでした。


気になったので、検索してみると、たくさんのレシピが出てきました。とりあえずは作ってみよう、と、たくさんのレシピから、良いと思うものを選んでみました。材料はとてもシンプルで、私が普段作るシフォン生地とほぼ同じ。でも、粉の合わせ方、焼き方等、違うところがあるのですね。


まずは忠実にレシピを再現してみました。



湯煎で焼く事50分。あっという間にできました。


カットした断面もきめ細やかです。ちょっと味見をしましたら、卵の良い香りとふわふわ、しっとり、弾力も感じられ優しい美味しさ。その瞬間に、合わせたいお茶がピンときました。




それは、台湾の紅茶「紅玉」です。それからの私の行動は機敏になるんです。お茶はこんな風うに淹れて、茶杯はこれを使って、ということが頭の中で、むくむくと湧いてきて。楽しくてたまりません。




早速、ティータイムです。「紅玉」は独特のスーッとする爽快感と、心地よい渋みと甘さが特徴的です。


このお茶を台湾カステラに合わせるには、小さめの蓋椀に多めの茶葉を使い、短めにざっと淹れるのがマッチする、と思いました。そして、そのコクのあるお茶を小さめの茶杯でいただきたい。そんなインスピレーションが、先程から頭の中でむくむく、むくむくと湧いてくるのです。


まずは、お茶をいただき、それから台湾カステラを一口。思った通り、ビッタリ合います。このペアリング、お勧めです。 


現在は、茶禅草堂唯一の対面講座は、五反田の薬師寺東京別院をお借りしての認定教室のみですが、(夏期は休講とさせていただいております。)その講座の時にも、ティータイムには必ず小さいお菓子をお出ししております。現在はコロナ対策として、市販のお菓子をお持ちしているのですが、そのお菓子選びも、ペアリングを大切にしています。そのペアリングとは、ティータイムのお茶との相性だったり、講座の内容だったり、季節だったりと、異なりますが。なかなか楽しいものです。


また皆様と、講座でのティータイムをご一緒できます時を楽しみにしております。


どうもありがとうございました。



--------------------------------------------------------


お知らせ


【中国茶オンライン講座 中級コース 9月開講】


お申し込みはこちらから承ります


※中国茶オンライン講座初級コースを

修了された方が ご参加いただけます


【お茶と薬膳のある暮らし方 中級コース 9月開講】 


お申し込みはこちらより承ります


※お茶と薬膳のある暮らし方講座

初級コースを修了された方が

ご参加いただけます


【認定講師による初級講座(対面)】


次回は9月開講の秋講座のご案内を予定しております。しばらくお待ちくださいませ